都営住宅とは
住宅に困っている収入の少ない方に対して、
低額な家賃でお貸しする住宅です。
------------------------------
都営住宅 お申し込み資格(概要)
単身者の場合
------------------------------
1.東京都内に3年以上居住している、原則として親族と同居していない60歳以上の単身者であること
2.所得が定められた基準であること
3.住居に困っていること
4.申込者が暴力団員でないこと
2013/10/20時点 JKK東京 東京都住宅供給公社HP確認

2013年10月20日

都営住宅に抽選なしで入れる

都営住宅に抽選なしで入れる

平均倍率30倍以上、最高倍率100倍以上の都営住宅に抽選なしで入れる方法!

100万円でもできる不動産投資術と稼ぎ続ける収益不動産
不動産購入から大家になるまでのノウハウ







都営住宅に一発で入る事が出来き、家賃が10万円から3万7千円になった方法ををこっそり伝授!



私は、 2006年2月の都営住宅に抽選なしで当選し、
現在、東京都某区内の都営住宅に主人と5人の子供達と7人で
暮らしております。

私のような一般庶民にとって、東京生活の一番の苦しみは・・・・
何と言っても、家賃が高い事です。



出産を機に体調を崩し、自分自身が思うように働けず、
主人の給料の3分の1弱が家賃に飛んでいくのを体験し、
大変辛い時を過ごした時期がありました。

こんな私の家族の願いは、都営住宅に入居する事でした。

5年間、都営住宅の募集に応募し続け、落選を繰り返したので、
落選し続けている方の辛い気持ちは充分に理解できます。
中には20年以上も応募し続け、落選し続けている方が大勢おられる
と聞きます。


なんて疑った事も何度もあります。
そんなあなたも、同じように疑い、悩んでいるのではないでしょうか?

「どうすれば当選するのか?」
「いつになったら都営住宅に入居できるのか?」
「私達の生活は、いつになったらラクになるのか?」

こんな見えない結果に挑み続けている応募者の方々の不安とストレスは、想像以上です。


「今度こそは、今度こそは・・・」
と応募し続け、落選の繰り返しなのですから。


一番最近の例となりますが、平成21年5月に行われた都営住宅の抽選を見ると、
募集戸数1,500名に対して、応募戸数が、52,948名もあり、平均倍率35.3倍となり、
その中でも、最高倍率となった池上六丁目アパートというところは、934倍にもなりました。
こんな高倍率なわけですから、都営住宅に何十年も落選し続けている方が大勢おられるのも
納得の行くところです。



私の場合、やっと抽選なしで当選し、都営住宅に入って
今年で3年目になります。

10万円だった家賃が2万7千円になったわけですから、
どれだけ生活がラクになったか
想像して頂けるかと思います。


家賃を滞納する必要がなくなりました。
公共料金も安心して払えます。
子供の学費も余裕を持って用意が出来ます。
習い事だって習わせてあげる事が出来ました。


私は、都が都民に用意してくれた制度に心から感謝いたします。


そこで、この度、民間の賃貸住宅で高い家賃を払いながら苦しい生活をし、
住宅に困っている家族、特に、私たちの家族のように子沢山の家庭の方々に、
私が発見したこの方法を使って、都営住宅に抽選なしで入居し、私のように安い家賃で、
東京での生活をエンジョイして欲しい思いから、この内容を公開することになりました。
平均倍率30倍以上、最高倍率100倍以上の都営住宅に抽選なしで入れる方法!


都営住宅
都営住宅に抽選なしで入れる

平均倍率30倍以上、最高倍率100倍以上の都営住宅に抽選なしで入れる方法!


都営住宅
100万円でもできる不動産投資術と稼ぎ続ける収益不動産
不動産購入から大家になるまでのノウハウ


リスク予知力が不動産投資の成否を分ける
貯金ゼロからはじめる夢の家賃収入
競売マンションらくらく獲得術
都営住宅に抽選なしで入れる方法
posted by 都営住宅 at 09:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。